大会規則

大会規則

参加者は本規約を事前に確認し、理解し、承諾した上で大会に参加すること。

① イベント中の参加者は常に交通規則を厳守すること。また大会委員、

 コース上のマーシャルに従うこ と。

② 一般常識、交通規則に基づいて走行すること。

③地域住民の乗用車、トラックなどが走行する場所もあるので、妨げにならないよう

 注意して走行すること。

④コースは一般公道の舗装路や林道で構成されますが、ラリー区間は、

 許可なく走行できません。

⑤大会委員会が提供したルート地図を事前に確認して 走行すること。

⑥ 常に安全を確認しながら、車線からはみ出ないように走行する こと。

⑦参加者は、いかなる道路においても、車両や歩行者、さらには 野生動物などに注意し、

車間距離を十分取り走行すること。

⑧参加者は、できる限り1列に道路の左側を走ること(舗装と未舗 装路区間共に)。

⑨参加者全員は、自転車用のヘルメットを着用し、走行中に外ずさないこと。

⑩サングラス等の装着は、各自の判断とするがガラスレンズ製品の使用は安全上注意してください。

⑪参加者の補給目的などのために、サポートカーを使用すること は禁止します。

⑫ 規定のコースを守り走行する責任は参加者にあります。

⑬ 全てのコースにおいて、イベント開催中は大会委員会スタッ フ、コースマーシャルの許可、

 規定の コースから外れて他のルートを走行することは出来ません。

⑭イベントの参加中は、適切な管轄区域の法令が遵守されるものとします。

⑮ 公共物または私有財産を損傷や破壊すると、失格になる可能性 があります。また、

 損害や破壊に関する全ての費用の支払い責 任が参加者に生じる可能性があります。

⑯大会委員は、安全やセキュ リティー上の問題、または許可証発行者の要求により、

 コース 変更、スタート時間の遅延またはイベントの中止や延期を行 使する権利があります。

⑰ 大会運営上、スタート時間やエイドに制限時間を 設けております。スケジュールをご確認下さい。

⑱ 走行中のバイクトラブル等には大会委員では対応できません。 すべて自己責任でご対応ください。

走行中の事故・トラブル 自転車本体の故障に関しまして一切の責任を負いません。

⑲ 許可を得た車両のみコースを走行することが出来ます。※走行中のバイクトラブル等を

自己で修復等できない場合は、アシストを付けることはできる。(Eバイクアシスト可能)

⑳規則変更について 、大会委員会の判断により、予告なしに、規則やコース、

規制を変更することができます。

イベントの中止について

地震・噴火・風水害・等による開催縮小・中 止、通知方法等についてはその都度主催者が判断し、

決定します。